K-Tek

K-Tek社は、ブームポールやマイクロフォン・ショックマウント、ウィンドスクリーンなどのプロフェッショナル・オーディオ・ユーザー向けのアクセサリーを販売しているアメリカの会社です。

ブームポール [Boom Pole]

1996年に最初のブームポールを送り出して以来、K-Tek社は”Sound Within Reach” をスローガンに製品の品質向上に取り組んできました。 そして、プロオーディオ機材のブームポールがいかにあるべきかをK-Tek社は常に考えてきました。 収音される声や音楽などの音源にマイクロフォンが届くよう簡単に伸縮し、軽量で、静かに操作できる、汎用性の高いデザインがブームポールに求められる要素であるとK-Tek社は考えています。フラグシップのKlassicシリーズは、K-Tek社の技術と経験を生かした最高のブームポールとして業界に認められています。

Info

K-Tekブームポール
ポール比較表


Klassic Boom Pole

グラファイト製、モジュラー形式のKlassicポールは使い勝手の良さからプロオーディオ業界で非常にポピュラーな製品です。軽量かつ耐久性に優れるだけでなく、モジュラー方式を取り入れたことで汎用性に優れた製品です。収縮時のサイズは61cmから163cm までいくつかのタイプがあり、これにさまざまなケーブルオプションを組み合わせて御注文いただけます。

Info

Klassic 仕様
Klassic speciality 仕様


Klassic用ボトム・アクセサリー
kta2kcckccrkft


Avalon Graphite Pole

シンプルかつ軽量を求めるユーザーには Avalon Graphiteポール がお勧めです。Klassicポールのモジュラー方式(オプション品による汎用性)を省略したことで製品の価格を安価に設定しながら、軽量なグラファイト素材を採用しているためアルミニウム製 Avalan Aluminumポールよりも軽い操作性が得られます。

Info

Avalong 仕様


Avalon Aluminum Pole

エントリーユーザー向けのお求めやすいブームポールです。 Avalon Aluminumポールには、Klassicポールで培ったノウハウが生かされおり、高価な素材のグラファイトではなくアルマイト加工されたアルミを使用してコストを抑えています。Avalonシリーズはモジュラー式ではないため、購入後にケーブルオプションを変更できません。


アクセサリー

ksqd1.jpgsleeve35.jpgsleeve52.jpgkbb1.jpg


ショックマウント [shock mount]

サスペンションシステムは、軽量かつハンドリングノイズを抑えながらマイクロフォンをしっかりと保持します。 K-Tek社のブームポールと組み合わせると、その性能を余すことなく引き出すことができます。


KSM

KSMは、K-Tek社のスタンダードなサスペンションホルダーです。サスペンション全体が軽量に設計されているため快適なブーミング操作を提供します。 マイクロフォンマウントは、適度な剛性を持つラバーを使用しているので、ほとんどのショットガンマイクロフォンをしっかりとホールドします。KSMのマウント間隔は5cmあり、K-Tek社のFIZZYウィンドスクリーンの装着に適した マウント間隔3.5cm のスモールタイプ KSSMもあります。


KGPS

KGPSは、K-Tek社独自のKSUSサスペンダーを採用した多用途のサスペンションホルダーです。4点支持が特徴のKSUSが効果的に振動やハンドリングノイズを緩和するKGPSは、ショットガンマイクロフォンの収音に最適なショックマウントです。KGPSのマウント間隔は9cmあり、K-Tek社のFIZZYウィンドスクリーンの装着に適した マウント間隔5cmのスモールタイプ KGPSSもあります。


KMT

KMTは、K-Tek社独自のKSUSサスペンダーを採用した多用途のサスペンションホルダーです。KSUSの効果を上げるために4点支持部に軽量かつ強固なアルミニウム製マイクロフォン・ケージを採用したKMTは、ショットガンマイクロフォンをマウントする理想的なショックマウントです。KMTのマウント間隔は6.4cmあり、K-Tek社のFIZZYウィンドスクリーンの装着に適した マウント間隔2.8cm のスモールタイプ KMTSもあります。

ウィンドスクリーン [wind screen]

K-TekのFIZZYウィンドスクリーンは優れた風防効果とユニークなデザインで、悪天候の中でもクオリティの高いサウンドレコーディングを可能にします。
Slip-on Windscreen
・ZFSOXL 内長:25cm (エクストララージ)
・ZFSOL 内長:19cm (ラージ)
・ZFSOM 内長:15cm (ミディアム)
・ZFSOS 内長:13cm (スモール)
・ZFSOXS 内長:9cm (エクストラスモール)
・ZFSOT 内長:8cm (タイニー)

バッグとアクセサリー [Bug and Accesories]

K-Tek社では、収録用周辺機材のアクセサリーも取り揃えております。好評なプロオーディオ機材用のブランドSTINGRAYに加えて、コンシューマ機材用の airoブランドが登場しました。


STINGRAY

stingray bagK-Tek社の製品ブランドであるSTINGRAYは、ポータブルミキサー用バッグをはじめ、マイクやアンテナなど大切な機材を収納するためのケースやポーチを取り揃えています。詳しくは、STINGRAY特設サイトを訪れてください。

ミキサー用バッグのラインナップ
KSTGL (ラージ): 688、664 など。
KSTGM (ミディアム): 788T, 552, 442 など。
KSTGS (スモール): 633, 744T など。
・KSTGJ (ジュニア): 302, MixPre-10T など。
KSTGMIX (Stingray MixPro): MixPre-3, MixPre-6 など。
stingray bag


Airo

airoK-Tek社の製品ブランドであるairoは、ブームポールやマイクロフォン用サスペンションをお探しのエントリーユーザー様に最適な一式を御提案します。マイクロフォンを支えるサスペンション、マイキング位置を最適化するブームポール、大切な機材を保護しながら運搬するケース等、Airoブランドで快適な収録を始めることができます。

ラインナップ
AIBK1(ブーム・スターター・キット)
ASM1(ショックマウント)
ABP1(ブームポール)
AFW1(ウィンドスクリーン)
ABH1(ブームホルダー)
AMB1(ミキサーバッグ)
AKB1(キットバッグ)
AXC25(XLRケーブル)
airo


YouTube

captionBoom_PoleBoom_Poleblank